夏休み特別編:南もでっかいどう

すかいだいびんぐ
「スカイウォードソードの予告編」ごっこ!

この画像は去年のE3の「あんた誰」なリンク
The Legend of ZELDA : Skyward Sword 今年末発売予定

ハイいきなりマニアックな遊びで始まりましたが
ぜ〜たくにも夏休みをもらってしまいまして、
南九州をグルグルしてきました。
けっこう涼しかった! 蒸さないんですよ。
東京の、呼吸困難になるんじゃないかってレベルの
どミストサウナより南にいるのが信じられない感じ。

【しょの1:宮崎 日南海岸】
鬼の洗濯岩
倫さん…ここは馬で通るの無理ッスよ

蒜木
あんな峡谷のすぐ横に巨木があるんスから
南国の海岸て面白いっスよね

竜の形の、神社で手洗うやつ。
昨日飲み過ぎちゃったわけではないらしい。
モバァァァァ

夏は温室の方が涼しいという妙な植物園にて。
補色だ
「東南アジアのリゾートホテルみたいに見えねぇか?」
涼んでるオヤジさんも含めて
「オイもなぁ〜 若い頃はハワイだグアムだ言っちょったけど
 なんちゅーても このくらいがちょーどええがね」
リゾートホテルの庭っぽく

【しょの2:宮崎 飫肥/油津】

雨ん中、日南線というローカル線に乗って移動。
線路がガタガタで、水も飲めないくらいの激しい揺れでしたが
逆におもろかった〜。
車内も撮ったんだけど知らない人が写ったので自重

「雨、止んだか…」
指が写ってる? しーっ

油津港。
「男はつらいよ」のロケ地だったそうで
労働者諸君、田舎の両親は元気かな。たまには手紙を書けよ

ひさびさに観たくなりました。
オールディーズ・グッディーズ

「でっけぇ木だな。ここ、昔は城が建ってたらしいスよ」
スケール違い抜きにしてもけっこうでかい

「人んちで涼んでるんじゃないッスよ。
 こう見えて学校らしいス。江戸時代のエリート塾」
藩塾というやつらしい

緑「お疲れ。それにしても オレら、どっかで見た色合いだよな」
黄「緑と黄色?」
ホテルにて

「…」

「おちび、東京のアパートで倒れちゃってねぇかな」
豪快にお亡くなりになる

「来ちゃった♪」
「おちび!?」
ゴルフボール入れから

「うん、実は 今日もいたんだよ」
南の島
風のタクトふう。
スピリットトラックス
大地の汽笛ふう。

【しょの3:鹿児島】
タイね

魔王ガノンの次は
魔人藤Pを倒すべく、
甘味の中の甘味「しろくま」を買いに走る一行。
(参考:水曜どうでしょう「白熊対決」)

どん
すずむしがダッシュでしろくまを買いにいった本店

行列

駅前の支店で買いました。
トーク字幕も真似してみた
いやこれウマい! 氷というより「雪」。
コンビニで売ってるカチカチの
しろくまがしろくまだと思っていたので、
軽くカルチャーショックでした。

おちびは外で撮りにくいので宿でばっかり出てきます
黄「眺め、よかとね、この宿」
緑「そうッスね…おちび! 振り向きたいから、ちょっと どいてくれ」
ちび(この人たち、ホテル入るの早すぎ…冒険しようよ)

日輪
そこん よかおごじょ(おねいさん)、
桜島のごつ でっかいおなごになりんさい。
てげてげ(テケトー)でよかとよ。
※この1葉の撮影:ちょっと早起きした同行者

【しょの4:熊本】
祝:東京から鹿児島まで新幹線通っちゃったよの巻。
つばめ、つばめ、…
左から順につばめ、つばめ、かえる

OH! オリエンタル
つばめ号はロゴがかっこいい。
(「リレーつばめ」時代の渋い色合いも好きでした)

肘掛けも木タイ
内装は、木。
できたてツヤツヤのときに乗れて、よかった。

でかいです
なんだか「戦国バサラの兜がとがった人」で有名になっちゃった
清政公の熊本城。
巨大すぎて、城内を移動する専用のバスが走ってるほどなんで
数カ所だけ見て降伏いたしました。

「ここの作者、高いとこダメなのに、こういうの昇りたがるんだよな」
「展望台で必ず柱にしがみついて涙目で外眺めるけぇ」
黒い方
「手を振るなバカ! 腰が抜けて降りられなくなるぞ。がはははは」

遊びすぎて寝不足
「しっかし おはんら、どんだけ剛毅な行脚しよるね。宮崎から鹿児島から熊本?」
「チケットの都合なんだよ。お盆で、同じ空港の往復券がとれなくてよ」

帰りの機内から
「オイら、遊んでばっかりタイね」
「いいんじゃね? 人生旅だっつーなら、遊びで冒険した方が」

以下、オマケ。人形ほとんどなし。

遊泳禁止区域(背後は岩)
まぁ、そりゃそうだ。(岩だらけの磯です)

ななみどん。
やっぱり玉はでかいんだろうか

熊本のこどもたちに大人気、ご当地キャラ「くまモン」。
ホヨクチバージョンが猫目リンクぽくて好き

くまの中に
ペンケースね
カエルを入れてみた。

あなたの推し藩士は?
デッサンが微妙
左から西郷どん、島津様、容子。
せごどんのパブリックイメージ(ラッピングバスより)
これと同一人物とは思えんタイ。

小型個人送迎用ネコバス。
車輪が「グルグル動く脚」になる
行き先表示がちゃんと「す(巣)」になってます。エンディングバージョンですね。

宮崎は30年前「新婚さんの聖地」でした。
結婚式のあと、長距離列車のホームで万歳三唱してもらって新婚旅行。
そうしてできたのがあなただったり あなたの父さん母さんだったりしてね。
ペアルック「新」「婚」

昼に郷土料理を食べにいったら
「いかにも喫茶店のマンガ」ばっかり置いてあって吹いた。
ヤンキーマンガと格闘マンガ。この下の段はもちろんバキ全巻。
クローズ、ワースト、荒くれKNIGHT、天上天下…

なんか、香港みたいな1000円カットの店。
ごちゃー

お洒落だのシャレだー。シャレード風だー。やっちまっただー。
最高級クリーニング「シャレーダー」

朝1本。以上ごめん! わしが写ってる
みうらじゅん命名「地獄表」。地獄のように来ない時刻表。
「おとうさんが朝、行ってきまーすと言って左上の時刻のバスに乗ったら、
 それは、失踪です。もう帰ってきません」(氏のネタライブより)

よっぽど土地争いが多いんだろうか…
永久標はあなたの財産を守ります

コンパクトカメラ持った同行者とむきになって
「絵はがきみたいな1枚」撮り比べしたものの、
なんかぴんとこない。水平とれてないし
こーいうののほうが気に入ったりします。
アマチュアの写真コンテストにこんなのありそう
(写ってるのは知らないご家族)

マニアネタで始めたので、マニアネタで締めます。
肝心のあれがないが
「神々のトライフォースの箱絵」ごっこ!

こーいうのリサイズして載せるの良心が痛むねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA