失格者1名 内藤直也 帰国?

さて

前回書いた「ホストにしたくないBJDくん」、届きました。
かつらとドールアイも反映 無事、ホストでもV系でもない普通の少年に。

しかし…

手に無理やり表情をつけたらおかまっぽくなった

1/4以下のスケールで愛用している、ドイツKanis-Augen製の通称「カニスアイ」がいまいち似合わない。

えらい奥目になる。

多分、このクラスのキャストドールって、ハイドームというか「黒目が盛り上がって目玉焼きの黄味みたいになっているグラスアイ」に合わせてアイホールを削っているようで、普通に球形の目を入れると凹んでしまうのね。

アイ自体の質感は大好きなのでもったいないけど、再交換を検討してみます。

服を何着せようか悩んでいたのですが、夜中のテンションで絶対似合う!と惚れ込んでしまった帽子がこれ

ウルトラクイズの帽子。なにかんがえてんだ!

内藤直也。堀口大学クイズ研究会、20歳。機内ペーパーテスト第1位。しかし「知力体力時の運」の「体力」に難があり(このドールはボディがガリガリで肋骨が浮いている)、バラマキクイズは最下位でヘトヘトになって通過。一度はロデオクイズで体力の差で敗れたものの、敗者復活戦によりなんとか残留。以降「苦労人」とあだ名がつく。女性視聴者に人気があり、放送後ファンレターをもらった経験も。大声クイズの掛け声は「母さん助けて!」。

…という架空の設定をいろいろ考えましたが、ウルトラハット(例の帽子)や名札、敗者復活のタスキを作るのはめんどくさいなぁ…

*高校生クイズしか知らないヤングチームの読者様置いてけぼりでごめん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA