キャラの目を描いたアイマスクというグッズが日本一似合うヤツ

白いアイマスクに点2個。

ごぶさたですのだ。けっきょく1ヶ月かかったけど、改良版と表情違いができましたのだ。

塗装が小学生よりも下手なので、「白ではない素材を白く塗る」という難易度の高い作業を避けて、めんたまと歯を白い素材で別パーツにしました。この場合、先に接着してからコーティングや段差消し、磨きなどの作業をすると良いようです。ただし「口を開けたときのデッパ」は別ね。これだけは最初に接着すると口の中が塗れなくなっちゃう。

帽子の下はモヒカン頭という公式設定なのでそれも作りました。思いっきり帽子と干渉するので、脱着可能にして、脱いだときだけつけるようにしておきました。3Dモデリングするときは、こういう抜き差しするジョイントの「あそび」は0.2mmにするといいようです。

ちなみに、下の歯がデッパの場合、咬み合わせて上唇を貫通してしまわないように、若干下顎の方を出す必要があるのですが(平成アニメでもよく見るとそうなっている)、必要以上にシャクレにならないようにけっこう調整に苦労しました。でもシャクレてるね。

…さて、次は「コルトと呼ばれているアレ」だな。ニューナンブではないらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA