二人目は手がかからない(あくまでも相対的に)

ノーニュース イズ グッドニュース、というわけで、なにも書かない裏で粛々と作業は続いています。一度つくったものなので、大きくつまるところはないですが、単純に作業が大変なのは相変わらずです。

試作一式。ここまでの間に、データを直して仮出力(3時間待ち)してデータを直して仮出力(3時間待ち)してデータ、ムキー、というのが続いていました。

服はこの状態で手を止めています。本番の素体が上がったらそれに合わせて裾上げなどをして仕上げ。

スカーフかってくらいド太い70年代ネクタイがチャームポイントですのだ

現在地はラストダンジョン1F「表面仕上げ」。

これ、全部ではないです。全部の出力を待って磨くのに、軽く1ヶ月はかかるとおもいます。

もっというと、自分の環境の場合、出力中に表面仕上げ剤を吹きつける作業をしてしまうと…

耳の上といちばん下に注目

地層ができてしまうので、同時にはできないんですわ。

余談。コルトディテクティブっていうんですか、実際リアル警官さんがかつて支給されてた(らしい)銃のミニチュアを予約しました。といってもすごい小さいfigmaむけサイズです。わしも今日まで知らなかったんだけど、全員がニューナンブ持ってたわけじゃないのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA