夏休み特別編:ディスカバー・ジャパン

ああ 日本のどこかに
ホームにて
オレを待ってる人がいるっス。
…っていうのは中島みゆきの名曲。爆涙
というわけでカエル勇者っス。

夏休みに 豊橋(とよはし)–浜松間を遠征してきたスよ。
ここの作者の趣味なのか、なかなかノスタルジーな風景が撮れたっス。
「テツオ君」は、この写真で あ、あそこだって思うのかな
長いんで、途中で適当にやめてくださいよ。

(こらこらこら! …でもホントにあきれるほど長いです。表示重くてごめん)

海岸…じゃないんだけどね
海みてーだけど湖っス。でもほとんど海っス。
ごく最近「海難事故」があったらしいスね。湖だけど
浜名湖って、そーいう場所なんスよね。半分、湾っつーか。

これは…どっちかってーとドラクエっスね。セーブできないスか?
DQも8以降は「十字架」じゃなくなりました
(豊橋ハリストス正教会、中略、馬に太いと書いて「マタイ」と読ます聖堂)

空いた時間で、
荒野(砂浜)
倫さんばりに フィールドを駆け抜けてみたっス。
草原(芝生)

もう温泉入りたいんで、旅館に帰るかな。
さみしい? うん、暇な時間だったからね
(以上3枚、蒲郡《がまごおり》・海陽ヨットハーバー近くの公園)

私ノ名ハ「すたるほす」。
背景ガ、カスンデル! 絞リヲ閉ジテクレ

倫子ノ“敵”トシテ 登場シタ ハズダガ…
「サザエでございま〜す」的構図
(以上2枚、田原城跡)

今ハ、
ヘヘェ~>本田平八公
徳川家ニ “仕エテ”イル。
「サザエでございま〜す」的構図 その2(超観光地なので難易度高し)
(以上2枚、岡崎城。家康の生地)

シカシ、
バントーどん
廃藩置県デ、さむらいヲ ヤメテ
味噌倉ヲ 引キ継グコトニナッタ。
(八丁味噌のメーカー「カクキュー」。工場見学してきました)

人形ニ、店ガ 経営デキルノカ、ダト?
倉、…?
心配スルナ。
職人、 … …って
社員モ、全員人形ダ。

スケール感覚が おかしなる
カエル勇者
「樽の横に 小さな人形置いてるんじゃあ ないんでスよ、これ!
人間の横に 巨大な味噌樽があるんス」

この写真で、大きさ伝わるッスかね?
IVクリフト、否、フォークリフトと味噌樽
ふたの上に積んであるのは、小石みたいに見えるけど 立派な漬物石っスよ
カエルと比べるとさらに縮尺がわけわからん

「お疲れさまっス。もう旅館っスよ」
「ウム」
旅館の自販機のビールは大体スーパードライ
「まぁ一杯」
「ウム、肋骨ノ スキマカラ 全部漏レルガ…イタダコウ」
ぼとぼとぼと
「うわあああ!」

盆を過ぎると夕景撮影が似合います
「カタカナで喋るのも、めんどくさいっしょ?」
「ウム。“げーむぼーい”時代ハ、ワリト普通ニ喋ッテタ ノダガナ」

撮るの難しいから鑑賞どころではないすね
…旅館の窓から花火が見えました。
しかもテーマパークの花火なので、
ドラマチックな音楽に合わせて どどどん、しぱーっ!と上げる、粋な演出つきで。
近所に住まってる方には 超気の毒ですが、おもしろかったです


「おひとり11000円~」の「~」がコワい
「何なんスか、この『いい旅・夢気分』のCM明けみたいな豪華料理は!」
すたるほす「ココノ作者、結局 コレガ自慢シタカッタ ダケジャナイカ?」

—–
ながながと すいません。もうちょっとだけ続くんじゃ。
以下、小ネタ集です。人形抜き。
公園。以上。
「公園」とだけ書いてある巨大な石碑。
なにか いわれがあるのかもしれんが、シュールだ。

ヒトの胸像は 胸と肩でカットしますが…
尻から亜空間に飲まれたらしい
ウマの胸像(か?)は、おケツの真ん中で切り落としてしまうようです。
思い切り過ぎだっ! シッポがちょっと残ってるのもなんか腹立つ(笑
(以上2点、岡崎城)

旅先で見かけた、愛らしい昭和看板たち。
レトロモッダーン 無作為の作為 これはちょっと狙ってるくさい 「海が呼ぶ いで湯が招く」ってコピーがもう涙出るくらい70年代

炎天下で自作ペンダントつけて歩きまくったら…
ホテルでオサレに撮った
手の甲じゃなくて胸元にハイラルの紋章がうっすら入りました。
カエル勇者「…アホだ」
(お前イタいって? 自覚してますw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA