ウオトリー村へ

おふくろちゃんが沖縄の海を見たいと言い出したので、15年前一人旅が好きだった俺先生が案内した。旅費を出させたので親孝行ではない。

東京都沖ノ鳥島を差し置いて日本最南端を謳っている波照間島

おニンギョーさんも案内せねば、というわけで、何を思ったか、うちで一番でかいスマートドールを持ち込んでしまった。リンコさんは装備品をなくしたり後ろちょんまげが解けたりめんどくさそうだったので、あえての ちとボンの方が楽だったのです。

うしろのお兄さんは誰だか知らない

沖縄本島ではなく石垣市の、しかもめっちゃ酔う高速船に1時間乗らないと行けない波照間島

人混みと台風を避けて「梅雨が明けるか明けねえかの運試しの時期」を選んだため、そこそこの天気ではありましたが、逆にクソデブの俺先生と終活中のおふくろちゃんが真夏に歩いたら脳が煮えてニライカナイに行ってしまっていたと思います。

膝の上に知らない人が乗ってハエみたいになってる…
どこにもピントが合っていないぞ!
手首にピントが合ってるぞ、ポンコツ!
レンズがよごれて空に毛がついてるでしょうが!

まぶしくてカメラの液晶が全く見えなかったせいにしますが、家に帰ってMacに読み込ませたらろくなのがありませんでした。何しにカメラバッグ背負ったんだ俺は。

旅与太話1

2キロくらい続く砂浜を歩こうとしたら、自分の巨体が砂にめり込んでまともに歩けず。砂って底なし沼になるんですね。

しかも歩いた先は道路のない全くの原野だったため、同じ砂浜を同じだけ歩いて帰る必要があることがわかり。遭難するかと思いました。港の売店で汗くさい布になったTシャツを買い換えようと思ったものの、陰険そうな店番のおばはんに近づきたくなかったので我慢して帰ったというくらいには人ぎらいです。

二人とも車の運転がほとんどできないので、あきらめて定期観光バスで回った石垣島

カビラ湾というサッカー解説者みたいな名前の場所がありまして、おふくろちゃんが「パックツアーで雨の日にしか行ったことがないから晴れた日に見たい見たい」と固執していたのですが、なんとかリターンマッチが果たせました。

グラスボート多すぎて引く
グラスボートのスクリューでギダギダにならないだろうかと心配になる珊瑚をグラスボートから望む

ちょっと離れたところにある密林。通販サイトの隠語ではなく本当に密林。

バスガイドのおっちゃんの真後ろをついて行ったら、たまたまいたハコガメを拾って見せてもらえた
学術的に非常に珍しいやしだそうだ

あと展望台な。

干潮なのでちょっとまだらだけど絶景
これもハイビスカスなんだそうだ

予算若干オーバーのすげえホテル

ナイスガイのおれは宿がきたないのが我慢ならないタチなので、ヤフートラベルで2番目に高かったホテルをとってしまいました。

水面を割って現れた階段。ゼルダっぽい
オサレだが、外なので容赦無くカラスが来る(もちろん中で食べることもできる)
バブル末期に実は行ったことがある海外リゾートホテルに似ている

石垣竹富散策

こーいう…
なんでもない…
風景が…
しゅき…
単なる公園でもこの説得力よ
BSでやってる1時間番組「イタリア 小さな村の物語」なら、この猫に「提供 TOSHIBA」の文字がかぶるところである

旅与太話 2

地元料理があってグーグルマップの星の数が多い居酒屋に予約を入れたら、それが料理も出すライブハウスで…

「みなさんご起立おねがいします、はいイーヤーサーサー」。マイクの音量がクソでかい

俺は大変楽しかったが、おふくろちゃんが地蔵になりかけていて申し訳なかった。

帰りの便で耳抜きがわりに配られたアメ。

ANAなのにピーチ。これ如何に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA